お問い合わせ イベント一覧 資料請求

BLOG

2021.04.27住まいノウハウ

「既製建具」と「造作建具」のメリット・デメリット

こんにちは、SHOEIの家です!

家づくりをする時に、「『既製建具』と『造作建具』のどちらを選べばいいの?」と悩まれる方も多くいらっしゃいます。
どちらを選ぶか迷った時は、いったん初心に戻って「どんな家を造りたいか?」を思い返してみましょう。
そして、それぞれの特徴やメリット・デメリットから、自分たちにはどちらが適しているのかを考えてみるのがおすすめです。

【既製建具の特徴】
●メリット
比較的安価で購入できる。
建具メーカーの保証が付いていて安心。
同じカラーやデザインでまとめることで、統一感が生まれる。(木目調プリントも選べる)

●デメリット
選べるカラーや柄、ハンドルや把手のデザインに限りがある。

既製建具は、お住まい全体の統一感を重視されたい方におすすめです!
安価でありながらメーカー保証も付いているので、故障や不具合が生じても保証期間内なら無償で修理してくれるので安心。
ご予算を押さえたい方にもぴったりです。

【造作建具の特徴】
●メリット
選ぶ色・素材に自由度がある。
本物の木の面材を使える、細かな色の指定ができる。
好きなハンドルや把手を使うなど、世界にひとつのオリジナル建具を作ることができる。

●デメリット
既製建具よりコストがかかる。
素材によってはこまめなメンテナンスが必要。

造作建具は、細かな部分にもこだわってオリジナルの空間デザインに仕上げたいという方におすすめです。
もちろん、LDKだけ・1箇所だけというオーダーもOKです!
コストはかかりますが、満足度の高い家づくりができますよ。

それでも、なかなか決められない…。
そんな方には、お客さまのご予算やご希望に合わせたおすすめの建具をご提案いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

^
Official Accounts

© 正栄産業 SHOEIの家, All Rights Reserved.