お問い合わせ イベント一覧 資料請求

BLOG

2020.10.15住まいノウハウ

「無垢材」「カラーフロア」「突板」の違いとは?

こんにちは、SHOEIの家です!

家づくりをしていると、決めなければならないことはたくさんありますが、その中の一つに「床材」があります。
SHOEIの家としては、温かな素材感の木材の床をおすすめしていますが、いくつか種類があります。
先日お打ち合わせしたお客さまも、どんな床材を選んだらよいか悩んでいらっしゃいました。

そこで今日は、床材の中から「無垢材」、「カラーフロア」、「突板」の特徴や違いについて、ご紹介したいと思います。

【無垢材】
丸太から切り出した自然な状態の木材です。
木目の表情が豊かで、1枚1枚異なります。
メリットは、なんといっても木のぬくもりを感じられること。

木材本来の「味」が残っているため、他の床材には出せない唯一無二の質感が味わえます。
他にも、経年変化が楽しめたり、調湿作用によって夏場を快適に過ごすことができます。

デメリットは、他の床材と比べて値段が高いことです。

しかし、「床材にはお金をかけて良いものを入れたい」という方も多く、とても人気です。
おすすめの場所は、LDKなどの家族が長い時間を過ごす場所や、人目に付く場所。

【カラーフロア】
合板フローリング(複数の薄い木板を接着剤で張り合わせたもの)に、化粧シートを貼ったものです。
メリットは、無垢材よりも安価に施工できることと、お手入れが簡単なことです。

また、表面がシートなので豊富な色柄から選ぶことができます。

デメリットは、本物の木と比較するとチープな印象になってしまい、賃貸物件のような雰囲気になってしまうことです。

おすすめの場所は、キッチン周りや水回りなど水が飛び汚れやすい場所。
あまり人目につかない寝室などにも適しています。

【突板】

天然の木材を用いる製品の用途に合わせて薄くスライスした板です。
天然木を使用しているので、自然な深みや味わいを感じられます。
メリットは、カラーフロア同様、無垢材と比べて安価であることと、品質が均一であるため施工もしやすいこと。
デメリットは、傷に弱く、傷がつくと補修しにくいことです。

塗装で固められてはいますが、傷がつくと下の基材が見えてくることがあります。
突板は、どこにでも使える万能なフローリング材なので、「予算が厳しいけれど木の温かみを感じる家にしたい」という方におすすめです。

それぞれに特徴があるので、メリット・デメリットを比較検討してみるとよいですね。

例えば、「無垢材にしたいけど、予算が厳しい」という方も多いです。

そんな時は、人目につきやすい1階を無垢材に、あまり人目につかない2階や寝室をカラーフロアや突板にするという方法もあります。
使い分けると施工費がグッと抑えられるので、「どの場所にこだわってお金をかけるか?」を考えると、上手な予算の使い方ができますよ。

床材はお家の印象を大きく決めるものです。
じっくり悩んで、納得のいくものを選びましょう!

関連記事

^
Official Accounts

© 正栄産業 SHOEIの家, All Rights Reserved.