お問い合わせ イベント一覧 資料請求

BLOG

2020.10.20施工事例

デザイナーのおすすめ住空間 【BEST3】

こんにちは、SHOEIの家です!

時々、「住宅デザイナーも憧れる家ってどんな家ですか?」と聞かれることがあります。
これが、一言でいうのはなかなか難しい!
そこで、私たちが手掛けたお住まいの中から、「デザイナーOが手掛けたおすすめ空間BEST3」をご紹介します。

【BEST3】 N様邸
好きなところ:シンプルで北欧家具が映える空間

アクタスファンのN様は、新築の家具をアクタスで購入すると決めていらっしゃったので、パースの段階からYチェアなどを置いたイメージを作成しました。
ナチュラル色の家具が合うように、全体的にシンプルなデザインに。
床は白っぽく、かつアクセントはキッチンの後ろにだけに入れました。
カーテンもカーテンボックスを設け、細かい部分でスッキリ見えるような工夫をしています。

【BEST2】 H様邸
好きなところ:デッキにつながる天井の板張り、カジュアルになり過ぎないようポイント使いした黒いアクセント

H様の好きなテイストは、インダストリアル
しかし、ごちゃごちゃした雰囲気は出したくないというご要望に合わせてスッキリしたデザインにしました。
また、当初はキッチンを「LIXIL リシェル」にしたいとご希望でしたが、蓄熱冷暖房オンレイとの兼ね合いや完全オープンキッチンへの抵抗があり、家具をリシェル風な塗装に仕上げるご提案をしました。

【BEST1】 N様邸
好きなところ:リビングからデッキに直接つながるベンチ、大開口につけた厚手のリネンのレースカーテン(あえてカーテン1枚に)

お引き渡し後も定期的に遊びに行っている、アウトドア好きなオーナー様邸です。
「自分たちが好きなものを置いたり、暮らしを等身大で楽しめる家」を目指して造りました。
例えば、デッキの七輪で食材を焼きベンチでゆっくり食べる、といった空間の使い方が、Nさまの暮らし方にとてもマッチしていていいなと感じています。

また、自然素材がお好きで、経年変化していく味わいを感じられるように、床材はこだわりの「西南サクラ」の節が目立つピンクがかったものをチョイス。
LDKには、漆喰壁、リネン素材のカーテン、キッチンに無垢扉「ウッドワン」を選びました。

ご家族が心地よく思える住まいは、きっと5年後、10年後、20年後…もずっと居心地の良さを感じられるはずです。
住宅デザイナーとして、そんな家に憧れますし、そんな家をお造りしたいと思っています。

関連記事

^
Official Accounts

© 正栄産業 SHOEIの家, All Rights Reserved.