お問い合わせ イベント一覧 資料請求

BLOG

2021.04.20住まいノウハウ

住宅業界で使われている「寸法」

こんにちは、SHOEIの家です!

どの業界にも専門用語がありますが、住宅業界でも毎日たくさんの専門用語が飛び交っています。
初めて家づくりをする方にとっては、聞いたことのない用語が出てくると不安に感じてしまうこともあるかもしれません。
そこで、知っているようで詳しく知らない建築用語を解説!
今日は、長さ・面積を表す「寸法」編です。

建築用語で使われる「寸法」には、長さの単位「寸」「尺」「間」、面積を表す「畳」「坪」があります。
これらは、昔ながらの尺貫法による「寸法」で、メーター単位が標準となっている現代で
は、馴染みが薄いかもしれません。
しかし、住宅建築では、設計をする時の「基本寸法(=モジュール)」に、この尺貫法を基本とした「尺モジュール」もメーター単位を基本とした「メーターモジュール」も混在して使用しています。
日本の一般的な木造住宅の場合は、「910mm=3尺」単位の「尺モジュール」を基本寸法として設計されています。

「寸法」の中でも、今も日常生活でよく使われるのが、面積を表す「畳」と「坪」。
1畳=910mm×1,820mm(3尺×6尺)で、だいたい畳1枚分くらいの面積を表します。
1坪=820mm×1,820mm(6尺×6尺)なので、およそ畳2枚分の大きさです。
家全体の面積は「○○㎡」で表しますが、別の呼び名で「○○坪」という置き換えることもできます。

その他にも、住宅設計では「寸」もよく使います。
寸(30.3mm)は、尺(303mm)の1/10の長さで、柱寸法を3寸5分(105角)、4寸(120角)と言ったりもします。

いかがでしたか?
寸法がどれくらいの長さや面積を表しているかがわかると、家づくりにも役立ちますよ。
ただし、間取り図を読むときに、1点気を付けていただきたいのが、寸法は全て「基準の中心線からの寸法」となります。
書かれている数値は、あくまで柱の中心、壁の中心からの距離を表しており、柱から柱までの実寸距離、壁から壁の実寸距離とは異なるので気を付けましょう。
最後に、寸法表をまとめておきましたので参考にしてみてください。

関連記事

^
Official Accounts

© 正栄産業 SHOEIの家, All Rights Reserved.