お問い合わせ イベント一覧 資料請求

BLOG

2020.08.18住まいノウハウ

SHOEIの家の「構造・工法」と「基礎」

こんにちは、SHOEIの家です!

家づくりでは、デザインや間取り、インテリアなどが注視されがちです。
しかし、何事も「縁の下の力持ち」というように、家づくりにおいても基盤が大切!
長く安心して暮らせる家を造るためには、「構造・工法」や「基礎」が重要です。

建築の構造には、大きく分けて「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」の3つがあります。
さらにその中にさまざまな種類の工法があり、木造なら「木造軸組工法」や「木造枠組壁工法」などが挙げられます。

それぞれの工法にメリット・デメリットがありますが、SHOEIの家では、北陸の気候に最適な「木造軸組工法」を採用しています。
「木造軸組工法」は、「在来工法」とも呼ばれるように、日本に古くから伝わる工法。
柱や梁、筋交いを組み合わせた造りが特徴です。

メリットは、
・他の工法に比べて設計の自由度が高く、注文住宅に適している
・木造建築は通気性に優れているので、高温多湿な気候に適している
・昔から行われている工法なので、職人の施工精度が高い
などです。

注文住宅は、規格住宅と違い1棟1棟異なる家を建てるため、職人の施工技術や精度が気密性や断熱性を左右します。
その点では、SHOEIの家の職人は、住宅施工技術が高く、経験も豊富な方ばかり。
木造軸組工法を採用することで、北陸に適した質の高い住宅を建てることができるのです。

まれに、木造軸組工法は「地震や台風などによる横からの圧力に弱いのでは?」と心配されるお客さまもいらっしゃいますが、ご安心ください!
現在は、横からの力を支える「耐力壁」で補強することが義務化されています。

さらに、SHOEIの家では、お客さまからのご要望に応じてワンランク上の性能を持つ「ハイベストウッド耐力壁」を入れることも可能です。
ご要望に合わせて、より地震に対して強く強靭な構造をご提供しています。

そして、この構造を支えるのが「基礎」です。

いくら構造が良くても、それを支える「基礎造り」の質が悪いと意味がありません。
SHOEIの家が採用しているのは、床下一面を鉄筋コンクリートで覆う「ベタ基礎」です。
最大のメリットは、大きな面で家の加重を支えるため、耐震性に優れていること。

また、地面を隙間なくコンクリートで覆うため、気密性も高まります。
気密性が高いと、外気や湿気を通さないだけでなく、虫やシロアリの侵入も防いでくれます。
目に見えない部分ですが、縁の下から、ガッチリと大事な家や家財を支え、守ってくれます。

さらにSHOEIの家では、万一に備えた「防蟻処理」もしっかり施しています。
使用するのは、「エコボロンpro」と呼ばれる人体に害のない薬剤。
これが、実はとてもすごいんです!

これまでは、防蟻と聞くと、多くの方が健康への害を気にされていましたし、農薬系の薬剤による健康被害が問題となっていました。
しかし、この「エコボロンpro」の主成分は、「ホウ酸塩」といわれる、目薬やコンタクトレンズにも用いられている一般的な物質。
この成分は、赤ちゃんが口にしても健康への害が全くない安全なものです。

しかし、シロアリには高い効果を発揮!
さらには、建物を腐朽から守り、錆の発生も防いでくれる優れものなのです。
揮発しにくいため効果が持続し、家を長く守ってくれますよ。

以上のように、SHOEIの家では、お客さまの「安心・安全」にこだわった家づくりを行っています。
家づくりの際には、構造・工法や基礎についても学んでみてくださいね!

関連記事

^
Official Accounts

© 正栄産業 SHOEIの家, All Rights Reserved.