お問い合わせ イベント一覧 資料請求

BLOG

2020.10.22スタッフ紹介

スタッフ紹介 【アドバイザー 柴田恵利子】

こんにちは、SHOEIの家です!

今月もSHOEIの家の個性豊かなスタッフにインタビュー!
今回は、アドバイザーの柴田恵利子(しばたえりこ)をご紹介します。

Q:まずは自己紹介からお願いします!
建築事業部 アドバイザー、入社6年目の柴田です。
お客さまへの家づくりのご提案やサポートを行っています。
外出が減った今、休日は、家で趣味の読書(小さい頃は司書にも憧れていました!)
や映画鑑賞をすることがより多くなりました。

Q:入社のきっかけは?
正栄産業の会社説明会で、社員の方々が熱意あふれ、輝いて見えたからです。
就職活動では、目標となる先輩や尊敬できる同僚に囲まれて仕事ができて、かつ自分自身が成長できる会社に入りたいと考えていました。
説明会後、事務所の雰囲気や取り組みなどを聞く中で、社員がただ仕事をこなしているのではないと気が付きました。
そして、正栄産業なら、刺激し合える仲間と自分を高めていける人生が送れる、と思い入社を決断しました。
入社後、思っていた以上に、社員ひとりひとりの成長意欲が高いことに驚きました。
正栄産業には、「お客さまにより満足していただけるサービスを提供しよう!」、「より多くのお客さまのお手伝いしよう!」と、毎日真摯に取り組む社員しかいないと断言できます!

Q:仕事のポリシーを教えてください。
私の役目は、お客さまに、自分の家で楽しい日々を過ごしていただける「住まいづくり」へと導いていくことだと考え、日々誠心誠意尽力しています。
家づくりは、ほとんどのお客さまにとって生涯に一度きり。
大きな決断には、不安や葛藤もたくさんあると思います。
しかし、世界に1棟だけの自分の住まいが完成し、新しい暮らし方になるだけで本当に明るく楽しい人生が待っています!
だから、「より満足していただける家づくりを全力でサポートしよう」と、いつも思っています。

Q:これまでで一番嬉しかったエピソードは何ですか?
お引き渡しの時にお客さまから頂いたお手紙に、「柴田さんは世界一の営業です!!」と書かれていたことです。
初めてお会いしてからお引き渡しまで、2年。
諸事情により紆余曲折あり、通常より家づくりの期間が長くなりました。
ですが、最後にこのようなありがたいお言葉をいただけて、本当に嬉しかったですね!

Q:最後に、家づくりをお考えのみなさんにメッセージをお願いします!
「自分の家が世界で一番好き」と、お客さまに思っていただける住まいづくりを目指してお手伝いしています。
ご家族全員が、そう思える家を建てられたいという方は、ぜひ一度私たちSHOEIの家にお声がけください!

関連記事

^
Official Accounts

© 正栄産業 SHOEIの家, All Rights Reserved.