お問い合わせ イベント一覧 資料請求

BLOG

2020.09.15会社のこと

流行にとらわれないデザイン

こんにちは、SHOEIの家です!

どの時代にも「流行」はあります。
ファッションやグルメだけでなく、デザインにも。
しかし、その反対には、ずっと長く愛され続けるものがあります。
みなさんが家を造るならば、どちらを選ぶでしょうか?

SHOEIの家の家づくりでは、オーナーさまに永く愛していただける住空間をご提案しています。
それはつまり、流行にとらわれず、心地よさを「デザイン」した家。
SHOEIの家にとって、デザインの中心は、そこに住まわれるオーナーさまであり、住む人が「心地よい」と感じられるかどうかが重要です。
どんな家・環境で育つかは、私たちが思っている以上に住む人に影響を与えます。
だからこそ、好み(≒流行)であること以上に、オーナーさまがこれから先、心地よく暮らせる住環境をデザインすることが大切だと考えています。

じゃあ「流行にとらわれない住宅デザイン」ってどんなの?
そう聞かれても、返答はなかなか難しいのですが…。
というのも、決まった形はなく、オーナーさまのご要望やライフスタイルによって十人十色だからです。

オーナーさまにとって、どういうものを心地よく感じるかには必ず理由があり、それは寸法であったり、見せ方であったり、使う素材であったりします。
それを見つけるのに、SHOEIの家では、設計士が100項目の質問をさせていただいています。
このコミュニケーションの中から、オーナーさまを理解し分かり合うことで、はじめてお一人おひとりに合った「心地よさ」を設計できるのです。

デザイン・設計をする上では、「足るを知る」ということと「外部との繋がり」を大切にしています。
まずは、お客さまのご要望、敷地や周辺環境などのたくさんの情報の中から、本当に必要な物だけを見極めて整理していきます。
そのうえで余計なものを削ぎ落として、よりシンプルな形や線になるようにします。
そして、住み心地のよさを考えたときに、五感で感じる光や風、温度や湿度、手触りや匂い、質感など、良いものを取り入れ、良くないものを入れないようにコントロールしていきます。

単純で洗練された中にも暮らしの息遣いを感じられる設計が、SHOEIの家らしいデザインではないかと思っています。

誰しも、家づくりに対しては並々ならぬこだわりをお持ちです。
約1年にわたる家づくりで、オーナーさまと担当者は、企業パートナーという垣根を越え、人としての関係性も深めていきます。
そして、完成してからもその関係は続いていきます。
いつまでも心地よく、愛着を持って過ごしていただける暮らしを、私たちがデザインさせていただきます。

関連記事

^
Official Accounts

© 正栄産業 SHOEIの家, All Rights Reserved.