お問い合わせ イベント一覧 資料請求

BLOG

2021.07.06住まいノウハウ

ACTUSから教えてもらう「2021年夏インテリアのトレンド」

こんにちは、SHOEIの家です!

お家のインテリアは1年中同じまま…という方はいらっしゃいませんか?
インテリアを変えれば、季節ごとで色々な雰囲気のお部屋を楽しめますし、気分も上がります。
そこで今日は、ACTUSのスタッフに、今夏のインテリアのトレンドを聞いてみました。
みなさんも爽やかな気分で、おしゃれな夏を迎えましょう!

Q:この夏のインテリアのトレンドは?
イチオシは、「アウトドアリビング」です。
なかなか外にお出かけができない中で、お家に自然を取り入れた暮らしが注目されています。
トレンドは、インテリアとトーンを合わせた質感やカラースキーム(配色)のテラスファニチャーを取り入れること。
家の中と外を明確に区別しない空間が、シームレスな(つながりのある)暮らしを可能にします。

例えば、「天気のよい日はベランダにデッキチェアを持ちだして、爽やかな風や太陽を感じながら読書」というように、必要な場所に必要な家具を持ち運ぶことで、必要以上に家具を買わずにすみ、スペースセーブも叶います。

Q:トレンドアイテムを教えてください!
まず、今年の夏は、これまで主流であった淡い色合いからの脱却がみられます。
ピンクベージュやペールグレーなどの柔らかな色合いから、「アースカラー」や「オリーブ」、「ディープブルー」などの「深みがある自然な色合い」に人気が集まりつつあります。

また、70~80年代のような大胆な柄物アイテムも注目を浴びています。
例えば、大き目の花柄やトライバル系(民族的なデザイン)の目をひく幾何学的なもの、ヘリンボーンの床材など。
これらは、主張が強いアイテムたちなので、取り入れる場合には「お部屋全体とのバランス」に気を付けましょう。
まずは、クッションカバーなどのちょっとしたワンポイントから取り入れてみてはどうでしょうか。

Q:おすすめのインテリアコーディネートは?
2021年インテリアのキーワードの一つが「ジャパンディ」です。
これは、「ジャパン」と「スカンディナビア」を組み合わせた造語。
「自然素材を多用する」、「無駄な装飾を用いない」など共通点の多い「和」と「北欧」の空間のテイストを併せ持ったインテリアを指します。

ポイントとしては、アースカラーを基調とし、
・天然素材を用いる
・部屋全体の物の高さを抑える
・なるべく装飾的な物をなくし、置く物を減らす
・植物など自然を感じるものを取り入れる
などが挙げられます。
日本で受け継がれる職人の確かな手仕事や、自然素材のシンプルな温かさを感じるアイテムに、北欧のモダンなテイストを合わせることで、これまでにはない新しさと心地のよい空間が生み出されます。
双方の価値観がうまく融合した、より豊かな生活空間を取り入れてみてください。

いかがでしたか?
ぜひこの夏のトレンドアイテムを、ACTUS富山店へ探しに行ってみてくださいね!

関連記事

^
Official Accounts

© 正栄産業 SHOEIの家, All Rights Reserved.