MENU

【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家 【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家

Staff

スタッフ

  • デザイナー
浅岡 千華

Q:まずは自己紹介からお願いします!


 

建築事業部デザイナーの浅岡です。

家の雰囲気を形づくる内装素材や照明の提案など、お客さまが心地よく過ごせる空間づくりの

お手伝いをさせていただいています。

最近興味があるのが、家庭菜園。

ただ、虫が嫌いなので、まずは家でバジルを育て始めました。

すくすく育っていくのが楽しくて、他にも室内で育てられる野菜づくりに

挑戦してみたいと思っています。

 

 

 

 


Q:入社のきっかけを教えてください。


 

大学で建築デザインを学ぶ中で、お客さま一人ひとりの顔が見える家づくりの仕事に

興味を持ち、住宅会社に絞って就職活動をしていたところ、正栄産業を知りました。

きっかけは、よく買い物に行っていたACTUS。

ある日、ACTUSを経営している会社が正栄産業だと知り、とても親しみと興味が湧き、応募したんです。

入社してみて、今は充実した毎日を過ごしています♪

先輩や上司はみんなかっこよく素敵で、「自分もこんな先輩になりたい!」と思える人が

周りにたくさんいます。

実は、大学で建築関係の学部に進学したのは、理系希望だけど看護系も情報系も苦手だから…と

いう消去法からだったのですが(笑)。

今となっては、大学で建築デザインを選んでよかったと思っています。

 

 

Q:この仕事への熱い想い、好きなところを教えてください。


 

大切にしているのは、お客さまから

「自分たちがイメージしていたよりも、もっと素敵な家になった!」と言っていただけるご提案です。

小さい頃はネイリストになりたいと思っていたくらい、細かな作業や細かな気配りは

得意な方だと思っています。

家づくりでも、内装の雰囲気や照明はもちろん、細かい部分にもこだわって、

お客さまに寄り添ったご提案をするよう心がけています。

 

 

 

Q:最も印象に残っているエピソードはありますか?


 

デザイナーとして初めて担当させていただいたお客さまのお引渡しですね。

お客さまは、最初からずっと私のことを「浅岡ちゃん」と呼んでくださっていて。

毎回のお打ち合わせがとても楽しかったんです。

お引渡しでお手紙をお渡しした時に、お客さまが涙を流しながら

「これで会わなくなるのは寂しいから、いつでも遊びに来てね」と言ってくださり、

私も思わず一緒に号泣してしまいました。

「家づくりってこんなに感動するんだ!」と実感した、今も忘れらない瞬間です。

 

 

Q:最後にみなさんにメッセージをお願いします。


 

正栄産業は、「もっとかっこいい家を造りたい」、「お客さまの理想の暮らしのお手伝いをしたい」と

真剣に考えている人たちが集まっている会社です。

ぜひ、みなさまの家づくりの理想・希望・想いを、たくさんお聞かせください!

私たちが、精一杯お手伝いさせていただきます。

event

近日開催のイベント