金沢市K邸

そろそろ建てようと思って、2年くらいで決めました。

いろいろと見て決めましたね。最初、M井ホームとか大手ハウスメーカーも見に行きましたが「ちょっと雰囲気が違うな」と感じたんです。昔ながらの良さもわかるんですが、自分たちが暮らすには雰囲気が違うなと。そこで当時、SHOEIさんが取り組んでいた「M印良品の家」が気になっていて、県外だったんですが一度、見に行ってみようと。

それでSHOEIさんを知ったんです。

まぁ、M印良品の家は僕らには簡潔過ぎたので選ばなかったんですが、SHOEIさんは他にもいい家を建ててるなぁと思って。それから見学会に参加するようになり、設計プランを提案してもらうに至りました。で、そのプランを頂いてからですね!「あ、もうこの人にお任せしたいな…」と思ったのは。頂いたプランがドンピシャだった。「こんなふうに暮らしたい」と思い描いた、そのものでした。

常々思っていた、プロに任せるということ。

設計を担当してくれたのは、Yさん。当時はまだ若手?という感じでした。でも、僕らにはそれが良かったんだと思います。自分たちと価値観を合わせやすい年代の人が設計を担当してくれたから、僕らの想い通りの家になったんだと思います。僕は常々、プロに仕事をしてもらうときには大部分を任せた方が、上手くいくと考えてまして。Yさんにも要望を伝えた後はどんどん提案を受け入れました。

僕らは家のプロじゃないから、そのほうがいいと考えたんです。最終的には「Yさんがいいと思うのにしてください(笑)」って、伝えていたくらいです。でも、そのぐらい最初に出てきた基本プランが素敵だったし、僕らが求めていたものに近かったんじゃないかなぁと思います。おかげさまで家が完成した時は感動するほど嬉しかった。

遊びに来てくれた人はみんな、いい家だね~って言ってくれます。

設計をお願いした時にもお伝えしたのが「シンプルに暮らせるようにしてください」ということでした。僕らの中では子供たちも二人とも男の子だし、18歳までしかこの家にいないはずだと考えていますし(笑)もともとモノをなるべく少なくして暮らしたいねってことも言っていて。日頃使わないアレやコレやを、詰め込んだ家にするのは嫌だったんです。

収納よりも暮らしスペースを大事にしたかった。

でも、設計を担当してくれたYさんは、こんな家の話をずっとしていた訳じゃなくて、全く家とは関係ない、好きなものはなんだとか趣味趣向を聞き出してくれて、そこからこんな設計プランを導きだしてくれたんです。根本の想いを分かって頂けたというか。結果として僕らが想像していたよりずっといい家に住むことができて、とっても満足しています。

  • Official Accounts
  • 来場予約
  • 電話でのお問い合せ