【公式】SHOEI GROUP|RECRUIT SITE 2020

武曽 圭悟

夢だった注文住宅の設計

夢だった注文住宅の設計 正直に言うと、学生時代は就職活動をしなくても「なんとかなる」「入ってみるまで会社のことなんてわからない」と思っていました。その考えが変わったきっかけが、知り合いの紹介で知った正栄産業の入社説明会でした。社員の方々がみんなキラキラとしていて、事業に将来性がある。「ここなら自分の成長につながる」と直感がはたらき、翌日には次の面接に進むための履歴書を提出していました。入社後は、規格住宅部門『De+Co』の立ち上げや住宅営業、設計を経験。4年目でついに、念願の注文住宅の設計担当につくことができました。

注目されたくて「社長になりたい」

入社してしばらく経ったころ、数年ごとの将来の夢をシートに書き込む社内研修に参加しました。そこで、周りに「すごい」と思われたくて「将来社長になりたい」と書いてしまったんです。そのおかげで、入社すぐには関われない新規事業立ち上げなどの経験を積ませていただきました。ある時、設計だけでこの先やっていけるか不安だったときに、先輩から掛けていただいた一言に胸を打たれました。「自信がないなら、設計以外のこともできる人になればいい」。それから考え方が一転して、本当に「社長になりたい」と思うようになったんです(笑)

後輩はみんなかわいいっすね!

入社して5年目に、リクルート委員会の責任者になりました。説明会に出たり、面接をしたり、採用に関わることをすべて担当しています。採用活動は入社試験という堅苦しい考えではなく「一緒に働きたい友達探し」だと思っています。だから毎回、学生さんたちと会うのが楽しみなんです。社内にはさまざまな後輩サポート制度があります。自分が見初めた後輩たちが育っていく姿が、本当にかわいくて仕方ない! 彼らの成長をすぐそばで感じながら仕事ができて、とてもうれしく思います。社員一人一人が、みんな家族のような感覚ですね。

私の作品ギャラリー

OTHER MEMBER