MENU

【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家 【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家

News

新着情報

  • お金のこと
知って得する「補助金制度」まるっと教えます!

こんにちは、SHOEIの家です!

住宅に関わる「補助金制度」。
家づくりの中で調べる方も多いと思います。

「こども未来住宅支援事業」のように国が行うものもあれば、
各市町村が独自で打ち出しているものもあります。


今回は、富山の市町村が実施している、住宅向けの「補助金制度」の中でも、

SHOEIの家が“特に”おすすめする2地域の制度をご紹介します。

【小矢部市】

◆小矢部市定住促進住宅取得助成金
小矢部市で結婚、または小矢部市へ転入した世帯を対象に、
住宅(建物)の取得額の10%助成してくれます。(千円未満切捨)
ただし、区分に応じて限度額があります。

◇対象者・条件
・結婚から3年以内に住宅を取得:上限50万円+児童加算
・小矢部市へ転入してから3年以内に住宅を取得:上限50万円+児童加算
・結婚および小矢部市へ転入してから3年以内に住宅を取得:上限100万円+児童加算

児童加算とは、転入者又は新婚者が住宅を取得した日時点において、
15歳未満の児童(※)を監護し同居する場合に適用されます。
助成金の額は、該当する児童一人につき10万円が加算されます。

※住宅を取得した日以後の最初の3月31日までに15歳に達する児童を含む。
新婚者の場合は、婚姻の日以後に出生した児童のみ。
転入者の場合は、転入の日以前に市内に住所を有していなかった児童、
または転入の日以後に出生した児童に限られます。


【砺波市】

◆砺波市住宅取得支援事業補助金
新たに移住定住を希望する転入世帯、および子育て世帯を対象に、
新築・中古住宅取得費用を助成してくれます。

◇助成額
新築:上限107.3万円
中古:上限50万円

ただし、以下の経費は対象外です。
・土地の取得費
・店舗・事務所または賃貸住宅等との併用住宅の場合は、
自己の居住部分以外に関わる工事費

◇対象者
新たに砺波市に移住定住を希望する「転入世帯」または「子育て世帯」

転入世帯の場合:夫婦のどちらかが39歳以下、かつどちらかが転入である世帯
子育て世帯の場合:転入する中学生までの子がいる世帯

実は上記以外にも補助金制度を利用する場合、
適用条件や申請期限など注意すべき点があります!

例えば…
・住宅を取得してからの申請期限が設定されている
・他の補助金(ZEH補助金等)と併用できないなど…
他にも、内容が更新されていることや、
新しい補助金制度が交付されていることもよくあります!

また、申請にはお客さまご自身で準備していただく書類もあります。
時間がかかるものもあるので、申請期限に間に合うよう早め早めに準備を進めていくことが大切ですよ!



家は、一生で一番高い買い物。

その費用を少しでも抑えられると助かりますよね。

補助金を住宅や土地費用にあてたり、
お子さまの教育費用として貯めておいたりと、
使い道は各ご家庭で様々だと思います。

各自治体の補助金制度は自治体のホームページでも確認できます。
SHOEIの家のスタッフも、日々最新情報をチェックしていますので、
詳しく聞きたい方は、お気軽にお問い合わせください。
担当スタッフが、分かりやすく親身にお答えいたします!


家づくりで利用できる補助金制度、

うまく活用して、賢く家づくりをしましょう♪

OTHER NEWSその他の記事

event

近日開催のイベント