MENU

【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家 【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家

Staff

スタッフ

  • デザイナー
山﨑 浩司

Q:まずは自己紹介からお願いします!


 

設計室長として設計室業務管理やデザイン管理を担当しています。

父の仕事が造船業だったこともあり、幼い頃から「モノづくりの仕事」に興味を持っていました。

デザイン・建築設計の仕事に就き、東京で大型商業施設の意匠設計を行っていましたが、

6年前に富山に戻り、正栄産業に入社しました。

休日は、子どもが所属しているサッカーチームの練習を見に行くのが好きです。

 


Q:これまでで最も嬉しかったエピソードは?


 

やはり、自分が新築設計・デザインを手がけたオーナーさまからのお言葉ですね。

中でも、お引き渡し後に「毎日のように自分の家がカッコいいと感じています!」と言っていただいたことが一番印象に残っています。

 

 

 

Q:仕事のポリシーとは?


 

お客さまに感動していだだける「モノづくり」をすることです。

これまで、デザイン・建築業界に長く関わってきて、ずっと変わらずにいつも意識しているテーマです。

 

 

Q:正栄産業での仕事の好きなところ、会社の魅力はどこですか?


 

SHOEIの家は、お客さまと一緒に「理想の家づくり」を通して「ライフスタイル」を作るお手伝いもしております。
富山で建てる「高性能+デザイン住宅」なら、私たち「SHOEIの家」にお任せください!

Q:最後に、お客さまへ向けてのメッセージをお願いします!


 

「住まい」は、暮らしを受け止め、人を育み、人生をつくる場、そこに住まう方々と共につくりあげる場だと思っています。

住まわれるご家族にとって、シンプルで美しくありながらどこか気持ちが和らぐ、自分らしく過ごせる、

そのような“居場所”がたくさんある家を造りたいと考えています。

お仕着せの型にはまったものではなく、自分というフィルターを通して、それぞれの「らしさ」をカタチに落とし込み、

住まう方々の「らしさ」を表現すること。

それが、私が考える「住まい」の設計だと思っています。

 

event

近日開催のイベント