MENU

【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家 【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家

News

新着情報

  • 住まいのノウハウ
ペットと暮らす家づくり

こんにちは、SHOEIの家です!

みなさんはペットを飼っていますか?
最近は室内でペットを飼う方も多く、お客さまの中には、「ペットも快適に暮らせる家づくりをしたい」とご相談にいらっしゃる方も少なくありません。
SHOEIの家なら、そのようなご要望もお応えできます。
ペットは大切な家族です。
人もペットも気持ち良く過ごせる家を一緒に造りましょう!

まず、ペットと暮らす家づくりで大事なのは、ペットの習性や特性をよく理解することです。
ペットによっては、暖かい環境が好きな動物、暑さに弱い動物、夜行性の動物などと様々です。

例えば、犬や猫は暑さが苦手な子が多いので、夏はエアコンをつけっぱなしにしておけるお部屋があると安心です。
大型犬を室内で飼う場合は、リビングの横にケージスペースを設けてあげることで、来客時は一緒に過ごしながらも少し距離を置くことができます。
猫を飼っているのであれば、キャットウォークを作ってあげましょう。
窓の下に少し広いスペースを設けてあげれば、この上に登ってのんびりお外を見たり日向ぼっこしたりできて、そんな姿を見ている飼い主も心が癒されます。
他にも、モモンガのような夜行性の小動物には、リビングなどに日中も暗いスペースを設けて、夜は一緒に遊べるようにするとよいかもしれません。
熱帯魚を飼っている方ならば、大きめの水槽をリビングなどからよく見える場所に、ドーンとかっこよく配置したくなります。
大きな水槽は、メンテナンス用のスペースが背面に必要なので、外部とつながりを持たせて、ポンプなどの設備の手入れや水槽の掃除ができるようにしておくとよいでしょう。
どの動物においても、リビング周りにペット用スペースを確保することで、いつでも大切なペットと一緒に過ごすことができますよ。

ペットを飼っていらっしゃる方に多いお悩みが、ニオイ対策と床材選びです。
ニオイ対策については、換気扇の設置が効果的です。
SHOEIの家では、お打合せ時にペット用トイレの置き場所を決め、その空間に合わせたサイズや位置で換気扇をご提案しています。
ペット用トイレの設置場所は、階段下の空間や造作の収納内に。
少しでも空間が区切られているほうが、ニオイが広がりにくく目隠しにもなるのでお部屋全体がスッキリします。

床材については、滑りにくいフロアタイルやクッションフロア、タイルカーペット、もしくはペット用フローリングがおすすめです。
通常のフローリングは滑りやすく、ペットが足腰を痛めてしまうので、特にリビングはペット中心に考えて選ぶとよいですね。
機能面もデザインもどちらも取るなら、「フロアタイル」か「ペット用フローリング」を。
どちらも色々なデザインが展開されているので、お家の雰囲気に合わせた商品を選べますよ。

ちょっとした工夫やアイデアで、人もペットもより快適で気持ちよく過ごせる住まいができ上がります。
飼っていらっしゃるペットやご家族に合わせたご提案をさせいただきますので、お気軽にご相談ください♪

OTHER NEWSその他の記事

event

近日開催のイベント