MENU

【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家 【公式】富山のデザイン注文住宅 | SHOEIの家

News

新着情報

  • 住まいのノウハウ
トイレ空間の素敵な演出法

こんにちは、SHOEIの家です!

トイレは、家の中でも小さなスペースですが、毎日何度も使い無くてはならない場所。
空間こそ狭いですが、ある人にとっては落ち着ける場所であったり、ある人にとってはアイデアが生まれる場所であったり、トイレに本を置いているという話も聞いたことがあるほど、結構重要な場所かもしれません。

だからこそ、ただ作ればよいのではなく、「どんなトイレ空間を造ろうか?」と考えてみると楽しく素敵な空間になります。

トイレ空間を考える際は、まずお家の雰囲気に合わせたコーディネートを考えること。
そして、「照明器具」と「トイレ内の手洗い」の2つのポイントにこだわると素敵な空間が作れます。

トイレは狭い空間だからこそ、他のお部屋に比べて照明の存在感が空間の雰囲気を創り出します。
形や素材だけでなく、灯りの色や強さ、映し出される陰影なども雰囲気づくりに一役買います。
ダウンライトが一般的ではありますが、ペンダントライトや間接照明なども個性のある空間が作れるので、お気に入りの照明を選んでみてはどうでしょうか。

手洗いに関しては、ボウルや収納に様々な素材や形があるので、モダンなかっこいいお家なのか、木の素材感を大切にしたナチュラルなお家なのかなど、全体の雰囲気に合わせて選んでみましょう。
最近は、帰宅してすぐ手洗いができるように、玄関近くに手洗いスペースを作ることも増えています。
それをトイレの手洗い場と兼用にすれば、トイレ内のスペースがスッキリし、空間に余裕が生まれます。

クロスや床材については、お家全体のベースカラーやベースクロスを使うと統一感が出ます。
少し落ち着いた雰囲気にしたい場合は、グレーやベージュ系のクロスを選んでみましょう。
その他にも、ニッチや棚などはない方がすっきりした印象になりますが、小さな植物など何か少し飾れるスペースがあるトイレも素敵ですね♪

また、時々「トイレに窓は作るべきですか?」というご相談もいただきますが、窓ありなしのそれぞれに良い点があると思います。
写真のように、照明やレイアウトがよく似たデザインのトイレも、窓あり・窓なしで違った印象ですよね。

「窓なし」であれば、間接照明が映える落ち着いた印象のトイレに仕上がりますし、「窓あり」であれば、清潔感のある明るい印象になります。

立地条件や設計上の問題もあるかもしれませんが、大切なのはどんな雰囲気の空間を作りたいかについて設計士やデザイナーに希望を話してみることです。

お客さまにピッタリのインテリアコーディネートを、SHOEIの家のデザイナーがご提案いたしますので、ぜひご相談ください!

 

OTHER NEWSその他の記事

event

近日開催のイベント