MENU

富山・石川で設計士と建てる新築・注文住宅  SHOEIの家 |理想の暮らしをデザインします 富山・石川で設計士と建てる新築・注文住宅  SHOEIの家 |理想の暮らしをデザインします

Staff

スタッフ

  • 現場管理
小林 直人(こばやし なおと)

Q:まずは自己紹介からお願いします!


 

2019年4月入社、建築事業部 工事管理部門の小林です。

新築住宅の現場管理を担当しています。

 

現場管理の仕事は主に次の4つがあります。

・安全管理

・品質管理

・工程管理

・原価管理

 

どれもとても大切な業務ではありますが、

現場管理として何よりも重要な使命は、

「安全な現場をつくり、大きなトラブルなくお客さまへお引渡しをすること」

だと考えて、日々仕事に取り組んでいます。

 

 

趣味は、自転車スポーツのBMXで、休日によく乗りに行きます。

冬場は、ボードに行ったり、

家で映画を見たり、ゲームをしたりしてゆっくり過ごすのも好きです。

誰かと一緒に過ごすのも、ひとり時間も好きなので、

人一倍充実した休日を過ごしていると思います。

 


Q:入社したきっかけは?


 

SHOEIグループを知るきっかけになったのは、

大学2年の時に、インターンシップで務めていた携帯代理店の社長です。

 

その尊敬する社長が、尊敬していた経営者が、

SHOEIグループの代表取締役である森藤社長でした。

そこから「どんなにすごい会社なんだろう?」

と興味を持ち始めました。

 

就職活動の面接で、森藤社長をはじめ、先輩社員と話をする中で、

「楽しい生活文化を生み出すエンジンになろう!」

というグループビジョンに向けて、本気でお客さまと向き合い、

輝いている先輩社員の姿を目の当たりにして、

自分もワクワクしました。

 

「自分も絶対にここで働きたい!」

「私も家を通して、お客さまの一生のパートナーになりたい」

と思い入社を決めました。

 

 

 

Q:現場管理の仕事の好きなところは?


 

人と話をすることが大好きなので、

お客さまをはじめ、各現場の職人さんと関係性を築けることが好きです。

 

施工チェックの合間に世間話をすることも多く、

「人と接し続けられる」という面で

自分にすごく合っている仕事だなと感じています。

 

現場の職人さんは、みなさん一会社の社長なので

様々な情報や経験を聞けて知見が広がり、本当に楽しいです。

 

この仕事は、お客さまの代理で現場を管理させてもらう

とても責任重大な仕事です。

どんな小さなミスも抜け落とすことが許されません!

厳しく、時にはつらいと感じる時もありますが、

だからこそやりがいもあり、大きく成長できる仕事だと思っています。

 

 

Q:これまでで一番嬉しかったエピソードは?


 

「小林さんが現場監督でよかったです。」

とお客さまに言っていただける瞬間が、何よりも誇りです。

 

また、お客さまだけでなく、

職人さんとのエピソードも多いのが、

現場監督の仕事の魅力だと思います。

 

入社1年目で現場管理の右も左も分からなかった時に

職人さんにたくさん迷惑をかけてしまい、

「小林の仕事はもうやらない」と言われた時期がありました。

その時は、とてもショックでしたが、

真面目に、素直に、愚直に取り組む中で、

次第に「小林変わったね。困ったら声かけて」と言ってもらえるようになりました!

 

その言葉を聞いた時、「本当にこの仕事をしていてよかった!」と

心から嬉しさがこみ上げてきました。

 

 

 

Q:最後にみなさんへメッセージをお願いします!


 

誰しも、家づくりに対して様々な不安や悩みがあると思いますが、

まずはSHOEIの家のアドバイザーに話を聞いてみませんか?

 

どの住宅会社のアドバイザーより

お客さまに心から寄り添い、

お客さまのことを一番に考えています。

 

そしてSHOEIのプランナーとデザイナーにお任せいただければ、

プランやコーディネートも、

イメージしている理想がそのまま形となる、

想像以上のご提案をさせていただきます。

 

最後は、フォアマンである私たち現場監督にお任せください!

一つ一つの工程を丁寧に作り上げ、

お引渡しをさせていただきます。

 

みなさんと出会えることを、

SHOEIの家でお待ちしております!

 

event

近日開催のイベント